ctoe

ctoe's blog

ミックスをしたいならGarageBandからLogicへ

GarageBandは作曲ソフトとしてはとてもいいソフトだと思います。

インターフェースもわかりやすく、何せ無料。(ハードが高いですが...)

 

さて、昨今Macが普及してきたこともあり、意外と多くのDTMや歌い手入門者も使う様になってきたGarageBandですが、よく

 

ミックスもGarageBandでしてるよ!!!

 

って人を見ます。

 

別に悪くはありませんし、むしろラフミックスぐらいなら全然構いませんしむしろ頑張ればいいミックスができます。

 

でも特にボーカルミックスの初心者ページで見かけるのは

「リバーブを薄くかける」とか

「ディレイを薄く」とか

 

これGarageBandを使ってる人は最初間違って解釈しちゃう人がいるのですが、

普通はsendと呼ばれる機能でBasトラックに送ってそこにエフェクトをつけます。

 

要するにそのままの音源トラックに使っちゃダメだよってこと!

 

この辺も図とか画像載せたいけどそれは暇のある時にしてこの記事ではとりあえず文章だけで。

 

 

ただGarageBandでやるなら同じトラックの複製をもう一つ作って、そっちのリバーブをwetだけにするとかいう方法もあります。

 

工夫次第ではGarageBandでもそこそこできますが何せ手間が...

 

お小遣いが貯まったらLogicへアップグレードしちゃっていいと思います♪

(もちろん他のDAWでも構いませんよ)

 

おすすめ記事紹介1

 

これはおすすめだって記事があったので紹介します。

 

basement-times.com

 

はいこれ!!

 

どうせこの行を読む前にクリックしてもう別のページに行ってしまってると思いますが一応軽く説明を。

 

概要としては、プロのエンジニアが有名バンドの音源を聴いて「このミックスは〇〇なところがクソだ」「このミックスは〇〇がいい」「こんな感じを参考に」ということをひたすら行って行く記事ですが、とても参考になることが多いと思うので是非読んでみてください。

 

 

もちろんアマチュアな私たちがこの様なレベルに到達できるかは怪しいですが、それでも参考になることが多いと思います。

 

ミックスって難しいですよね...

ひとりごと 2

 

先日nanaにてこんな様な投稿を見かけました。

「誰が聞いたって僕の音源の方がいいのに、見渡せば完成度の低い音源が評価されている。人気曲のカバーというだけで。もっとちゃんと評価されてもいいのではないのか?」

 

その気持ちはわかります。

ただ、ものすごく当たり前のことなのですが、自分の曲に振り向いてもらうためにはそれなりのアピールをしなければなりません。

ただ投稿しているだけでは人は集まりにくいでしょう。

 

これはnana以外にも当てはまります。

メジャーシーンではCMやタイアップ等で音源を広告できますが、私たちはその他の手法を使うしかありません。

 

例えばTwitter等のSNSを使うこと、他の投稿サイトも使えるならそこにも音源をアップする、知り合いに拡散してもらう、さらには人気曲のカバーをしてみてもらえる確率を上げるなどなど...

 

誰も知らない様な曲のカバーや、ましてやあなたのオリジナルなど余程の物好きか変な気を起こさない限り、暇を割いて聞こうと思いませんよ。(ぐらいには思っておいた方がいいです)

 

p(^_^)q<ふぁいと〜

ひとりごと~ボーカルのミックス~

 

歌もののミックス依頼を受けていて感じたことです。

 

よくミックスの中でも特にボーカルが馴染まないと言った現象が多くの人を悩ませていると思います。

 

確かにボーカルは一番気を使います。

 

しかし、送られてくる素材によっては楽器の音も浮いてしまいます。

 

ただ、ボーカルの場合、どれだけいい音で録れていても歌い手さんの力量によってもなじみやすさが断然変わるように感じます。

 

声質の話です。倍音の豊富さやでてくる波形の問題もあるでしょう。

歌の上手い人はただの音量調節をした段階でもだいぶ馴染みます。

 

もちろんその辺も調整はしますが...

 

さらに一番困るのは曲の雰囲気と歌い方が合ってない場合(音源を借りて歌ってる人によく見られます)もなかなか困ります。

 

ミックスの方向性が見えません。

 

パワフルでエネルギッシュな曲なのにか細い裏声で全パート歌われても...

別の意味で浮きます。

 

あえて、リバーブとかEQなどのエフェクターの使い方はもうネットにいっぱいあるので語りませんが、馴染まない理由は他にもあると思いますよってことです。

 

以上ひとりごとでした

 

 

nana の埋め込みコード

 nana のサウンド及びプレイリストの埋め込みコード

nana というアプリを知っている人で、あげたサウンドを自分のサイトでも紹介したいって人はいると思います。

 

ちょっと前までPCからnanaのサウンドページにアクセスすると埋め込みリンク作成ボタンがあったのですが、最近見たところなかったのでここにメモっておきます。

 

まずサウンドの埋め込みコードは

 

<iframe src="https://embed.nana-music.com/sounds/○○○○○○○/" width="100%" height="182" frameborder="0"></iframe>

 

です。

 

次にプレイリストの埋め込みコードは

 

<iframe src="https://embed.nana-music.com/playlists/○○○○○○○/" width="100%" height="182" frameborder="0"></iframe>

 

です。

 

○の部分に、URLに表示されるサウンドIDまたはプレイリストIDをコピペしてあげると良いです。

 

ではでは楽しいnanaライフを〜

 

Roland Go:Piano モニターキャンペーン 募集中

 

ちらっと何気無くRolandのサイトをチェックしたら新しいモニターキャンペーンがあったので紹介しておきます。

 

Go:Piano とは

  • 本格的なピアノを気軽に楽しめる入門向けピアノ・キーボード
  • 電子楽器の専門メーカーRolandのデジタルピアノを継承するピアノ音色で気持ちよく演奏できます。
  • 横幅87cm、重量3.9Kgのコンパクト設計なので、外へ持ち出す際はもちろん、家での置き場所にも困りません。
  • スピーカー内蔵なので、どこでもすぐ弾けます。
  • Bluetooth®機能を使ってYouTubeのレッスン動画や好きな音楽に合わせて演奏できます。     (引用元:https://blog.roland.jp/campaign/go61p-campaign/)

 

また、MIDI出力が可能そうなので61鍵のMIDIキーボードとしとも使えそうです

外部電源だけでなく電池でも動かすことができるそう

 

モニターの利用規約こちら です

 

みなさんもぜひチェックして見てください!

 

 

 

Roland - Blog - Campaign - 【キャンペーン】GO:PIANO MONITOR CAMPAIGN

Waves の ミキシングコンペティションがすごく良い!

 


先に謝罪しておきます、ごめんなさい。

この記事は昨年内に出すつもりでしたが、下書きのまま放置されていました。

そのことを踏まえてお読みください。ほんの少しでも参考になれば幸いです。


 

 

さて、WavesMIXIT ってご存知でしょうか。

 

私も今年昨年知ったのですが、Waves 主催のミックスダウンの技術を競うコンペです!

 

「いやでも、どうせ賞なんて取れないし...」

「狙うなんて無理無理」

 

とか思う前にですね〜

 

これの何が凄いかというと

なんと!!!

 

Joe West さんのミックストラックと

高品質なミックス前のトラック達が手に入るのです!!!

 

これだけでもDLする価値満載ですね

 

何と言ってもドラムの音もマイクをしっかり立ててあるトラック達や高品質なボーカルやギタートラックが扱えるチャンスです!

 

ぜひみなさんもチェックしてみてください。

 

 

コンペ参加サイトはこちら 

 

 

Joe West 氏の Mix 参考動画